Vanished Garden

Nobeyama Cyclocross 2013

週末は土曜・日曜と野辺山でシクロクロスレースに行ってきた。
両日とも一番下のカテゴリー3A (エントリーが多いのでAとBに分かれる)で出走して、一番上のカテゴリー1ではあっくんこと丸山さんのピットクルーをJPスポーツの方々と一緒に。

自分の成績は、土曜はあまりの人数(エントリーは100名超、出走は90人くらい?)と後方スタートで慌てたり、機材を壊したくないので泥区間を全部担いで走ったら息が上がって惨憺たる有様。
日曜は反省を生かして落ち着いて走り、全部乗ってみたら結構順調でこれはイケるか!?と思いきや、後半タレてしまい最終周回の泥区間の先でエンドが折れて終了。 最後にメカトラ三人で徒競走をして場を盛り上げられたので良しとするか。。。

野辺山シクロクロス 2013 day 2、C3A

野辺山シクロクロス 2013 day 2、C3A。 2周目の終盤?だとしたら転けた後でちょっとへこたれ中。

一方、前回の野辺山から時々お手伝いしているピットクルーとしては、ついに自転車を渡す役目(※)を仰せつかってしまい吃驚。 UCIレースで表彰台に絡むような選手のサポートは責任重大で緊張したけど、どうやら上手く渡せたようで一安心。 結果は土曜は4位、日曜は3位と素晴らしい結果で終了。

※ CXでは泥が詰まったりするので自動車レースみたいにピットに入って自転車を交換できるのだけど、それまで乗ってた自転車を受け取る人と新しい自転車を渡す人の2人体制が組めると乗り換えがスムースでよろしい。 俺の主観では渡す人の方が難しい。

ピットクルーをやると観戦はかなり限られるけど、ピットから見るレースはそれはそれで面白いし、C1のピットはガチの人も多いのでそれらの人を見たり選手について話したりするのも楽しい。

土曜は喉が涸れるほど応援したけど、日曜は洗車待ちが長くて殆どレースを見られず、そこは少し残念。
高圧洗浄機を待たずに大人しく洗車プールで洗っておけばよかった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.