Vanished Garden

村上春樹を読む

「ぼくはあなたを憎んだりはしません」とぼくは言った。
「でも、先のことはわからないでしょう?」
「そんなふうに人を憎んだりはしないんです」
ミュウは帽子をとり、前髪を整え、それからまた帽子をかぶりなおした。まぶしそうな目でぼくを見た。
「それはきっと、あなたが誰かになにかを期待したりしないからなのね」と彼女は言った。

ー 村上春樹「スプートニクの恋人」講談社文庫 p265より

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.