Vanished Garden

野辺山シクロクロス観戦

日本で一番熱いシクロクロスイベントだと勝手に思っている野辺山シクロクロスを見てきた。

会場の滝沢牧場はJR野辺山駅から約2km。
東京からだとJR高尾駅の中央本線下り始発電車(5時頃発)から3本乗り継いで3時間ほど、
試走が終わって最初のグループがスタート準備してる頃に到着した。
もう少し遅い時間だと特急があるけど、到着も遅くなってしまうので当日発でレースを全部見たいなら今回のルートか車しか無いんじゃないかな。

メモ: 野辺山駅ではSuicaが使えないので切符推奨。有人駅なので降りるときに現金精算はできる。

会場風景

コースは牧場の内外を駆け巡る形で設営されていて、
草地・畑・コンクリ・板張り・林と多彩な足場で段差あり泥あり立体交差ありと、
楽し苦しそうなコース設定。

野辺山Tシャツとカウベル

会場にたどり着いて挨拶もそこそこに、カウベルとTシャツを購入。物販万歳!
(よく分からないけど)CXの応援と言えばカウベルらしく、そこかしこでカウベルの音が鳴り響いていた。俺も散々鳴らして最後の方は耳がちょっとおかしくなってしまった。

写真はばしばし撮ったけど、設定がおかしかったり腕が悪かったりで殆ど使えない写真ばかりだった…。
その中でもまだ見られる奴をPicasa Webにあげた。
ある程度の枚数になるとやっぱりフォトサービスの方が良いね、ということで。

2011 Nobeyama Cyclocross

直接・間接の知人や友人がそれなりの人数出場していたので、応援は楽しかった。
会場では選手紹介とか無いので、ある程度の知識を用意して行った方が楽しめそう。
最近できた人脈(主にTwitterかサコッシュ経由)が自転車レース界隈で助けになっていて本当に有り難い。
Twitter始めてなかったら野辺山CX自体知らなかったと思うし。

土曜は終日試走できたらしいので、来年は前日入りしたいなあ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.