Vanished Garden

DP1x と Eye-Fiを買ってみた

SIGMAのFoveonセンサー搭載デジカメ、
DPシリーズは色々と引っかかる点があって買う気になれなかったのだけど
概ねクリアされたらしいDP1xが去年出ていたというのをDP2x発売日に知って買ってみた。

DP1系とDP2系は単焦点の焦点距離違いシリーズ。
何年も前からセンサーは全部同一でちびちびと改善された後継機がリリースされているのは良いのか悪いのか微妙なところ。
広角のDP1系が欲しかったけど以前は後発のDP2系の方が操作系が洗練されていたので見送っていたというのが主な理由だったけど、DP1xでDP2相当になったらしいという訳で。

とりあえず試し撮りをしてみた。
三脚を広げずに一脚的に使用。 0.5秒とか手持ちじゃ無理だ…。
レンズは明るくないし、暗いところは辛いなあ。

DP1x試し撮り


ついでにEye-Fiも購入。
デジカメなんて買うの久しぶりだからメモリーカードどうすっかと思ったら
目に付いたのでそういやこんなのもあったなと。
RAWで撮りたかったのでProで。
公式には特に書いてないっぽいけど、Eye-Fi X2 ProはSIGMAのRAW形式、X3Fも普通に転送してくれた。

DP1xのUSBコネクタは独自形状っぽいので正直使いづらい。
SDカードを抜いて移すのも面倒くさいので勝手に転送してくれるEye-Fiは凄く便利。
バッテリーの減りは悩ましいところだけども。

Androidアプリと連携させて使えるダイレクトモードは通常カメラ→PCと転送するところをカメラ→デバイスと転送するだけなので微妙。
PCに転送したい場合はデバイス→PCの転送を別途行う必要がある。
ダイレクトモード時だけデバイスで中継できるのなら良かったのに。

Androidアプリに関しては、デバイスのカメラで撮った奴をEye-Fiと同様にPCへと転送できる機能が地味に嬉しい。アプリ自体は無料だし。

カメラ・Eye-Fi共に色々使ってみたい。
光量が豊富な光景とか、屋外で撮り溜めたファイルの転送具合とか。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.